公共料金をクレジットカードで支払う場合の注意点

公共料金を多くの自治体クレジットカードで支払うことができるようになっていますが、どのようなことに注意したら良いのでしょうか。口座割引を利用していた時は、割引制度が使えていましたが、クレジットカードで公共料金を支払うと、割引がきかなくなることには要注意です。

ほとんどの電気会社や一部の自治体での水道料金に割引制度が適用されています。口座自動引き落としと異なり、クレジットカード払いの公共料金には、割引はありません。割引はありませんが、ポイントは入ります。どちらが有利かは、カードの種類と自治体によって違います。ただし、口座振替を利用しても割引がされていない場合もありますので、そういう時はクレジットカードの方がお得です。口座振替とクレジットカード払いのどちらは得をするかは持っているクレジットカードによって異なります。ポイントが決済額の1%以上で、年会費がかからないならクレジットカードの方がお得です。クレジットカード払いの場合には支払金額が多ければ多いほどメリットがあります。クレジットカードで公共料金を支払うなら、払える公共料金はできるだけ一つのクレジットカードで支払うようにしましょう。別々のクレジットカードで支払いをしていても、いつまで経ってもポイントが少ないままです。クレジットカードで公共料金の支払いをする時には、適切な支払い方をしましょう。
エピレ 脱毛

30
Sep 2013
POSTED BY
POSTED IN その他
DISCUSSION 0 Comments