アメリカのアクティビスト・ファンド

 では、アメリカではアクティビスト・ファンドは一般的にどのような特徴を持った投資家なのか。企業買収専門のバイアウト・ファンドや年金基金などの投資家と比較してみた。アクティビスト・ファンドは、定量的なスクリーニング (特定の条件による銘柄の選出)と徹底したリサーチに基づいて、割安と判断される銘柄に投資先を絞り込み、5~20%といったある程度の影響力を行使できる持ち分を取得する。そして、それを裏付けに投資先に資本構成の変更、コーポレート・ガバナンスの改善、資産・事業売却など様々な要求をし、それを実施させることで企業価値の向上、彼らにとっては運用成績の向上を目指す。また、彼らは通常、規制の緩いべッジファンドとして組成される。一般にへッジファンドの投資期間は短期というイメージがあるが、アメリカの実証研究によれば、アクティビスト・ファンドは少数の投資先に時間をかけて働きかけ絶対リターンを追求するため、投資期間は半年から1年程度になることが多い。従って、必ずしも短期利益目的という批判は当てはまらない。
キビキ 口コミ

29
Sep 2013
POSTED BY
POSTED IN ニュース
DISCUSSION 0 Comments
TAGS